victorgame’s blog

シャドウバースについての記事を書いていきたいと思っています。

今騒動の原因、Simonことレン=(恋々)(@ren13736)TCGチーター、借金、逃亡。シャドウバースの闇part2

今回もシャドウバースのゲームではなくまたプレイヤーについてなんですが記事を書かせていただきます。今回はなるたけ短縮してかけるように努力しますので最後までお付き合いください。宜しくお願いします。

 

前回の記事の最後にこう書かせていただきました。

今回の記事では私が客観的に全ての事象を見た上でレン(@ren13736)のADI杯での行動には非はないと認識していて、今回問題とする相手と同一の記事にあげるのはあまりにも無理があり、そのことについては書けませんでしたが「私が真実をブログで語るまでの過程」で勝手に他方のチームに謝罪をしてチームの面目を潰すのをレンが主導しただけでなく、私のツイートにわざとリプライを送り私のプライドを踏みにじり、そもそも11月18日に結成されたチームに12月15日から入って2日で「レン」が全ての面倒な一連の話を起こして来て、和解と言いながらその事案の始末もうまくつけられずメンバーは抜けてと、自分が諸悪の根源のくせして聖人扱いされるような発言を繰り返しフォロワーをしたたかにも倍に増やし、kuroebiやイクラといった有名コテハンの人間にフォローされ、到底許せることではありません。

私に味方をしてくれる方々は多数いるようで、もう既にツイッターをご覧になった方はご存知かと思いますが、レン改め、恋々(@ren13736)は今回だけでなくこれまでリアルのカードゲームでチート、トラブルなどを繰り返して来た最低なプレイヤーです。 

実際の今回の被害と迷惑、そしてこれまでの悪行を交えて全て書いていくブログを作成中ですのでお待ちください。

また、ツイッター上では

と予告として呟かせていただきました。

情報提供してくださったのは前々からフォロワーであった「みょん(@miki_klss)さん」と「みるたえ(@Rn2pxTOEEPcQ1Rj)さん」でした。感謝します。

このツイートには相当な反響がありました。想像以上の反応だったので私自身とても驚いています。このレン(@ren13736)は色々なところで相当恨みを買って来たみたいですね。

私は今回この記事において、このレン=恋々という人間が私にしたこと、今回の一連の騒動におけるレン改め、恋々(@ren13736)の目的を話していきたいと思います。

まず、レンと私についての関係性ですが、Breath of Vanguards(略称BreV)は2016年11月18日に発足したチームです。12月19日に活動が終了したのでちょうど一ヶ月存在したチームですね。

私がレンをチームに入れた理由としては、ツイッターをサーフィンしていたらマスターランクであり、さらにBreVのうらかわさん(@takoyakimiso)が個人主催の大会決勝戦で戦って負けた相手であり、また大会出場が多くやる気のあるプレイヤーだったので、気になってフォロー、そしてDMでやりとりしていくうちにそれとなく現状チームに所属しておらず、現在体験で入れさせてもらってるチームがあまりにひどい(ガキのお遊びのようなチーム。)という話を聞かせてもらって「可哀想だし、実力はあるし」これは放っておけない逸材だなと思いチームに加入するよう手はずを整えて、うちのチームに加入させてあげた形でした。(*その時はこんなことになるとは思っていなかった。)

ここで皆さんにわかってもらいたいのは

レン=恋々がチームに加入したのは12月15日です。

ちくわホロルゴのゴネに絡まれて面倒な事になったのは12月17日.....。

これはとても重要。長くなりますが、「チームに所属して2日で知らないところで争いを起こし、あらぬ嘘を立てられてチームに悪評を立たせ、チームメイトが一人抜ける事態を巻き起こし、私VICTORを憤慨させ、元の争いの相手と一緒になりチームリーダーの私VICTORを敵だ(暴走だ)とすることで、自らのシャドウバース界隈からの評価を上げ(ちくわを擁護する一部の人間はこのクズを聖人扱い)、自らが悪さして来た界隈に、現在シャドウバースを恋々からレン(@ren13736)にハンネを変えてしていることを「話が大きくなることによって」バレないように、つまりは『レンが自分のシャドウバースで築き上げた今の居場所』を守るために正しい情報とチームを犠牲にした」ということです。

ここまでの流れの詳細を知るためにはまず私が前回書き上げましたブログを読むか、そしてまた以下togetterを確認していただければと思います。このtogetterは場面展開、見ていた人たちの感情の流れが端的にまとめられていて、とても納得できる内容でした。

シャドウバースの闇と馴れ合いまとめ - Togetterまとめ

まずはレンがこれまで犯してきた悪事を列挙していきたいと思います。

これがドレッドノート公式に写っているレン=(恋々)「@ren13736」の写真です。

(なおこの賞金は不正発覚により没収された模様。)

f:id:victorgame:20161227232956j:plain

f:id:victorgame:20161227191750p:plainf:id:victorgame:20161227191836p:plain

f:id:victorgame:20161227191942p:plainf:id:victorgame:20161227193711j:plain

この写真4枚の事実について、レンは私に対して事実だと認めていました。

*1

ほか、証拠となるツイートを幾つも列挙させていただきます。

とまあ私がレンについての一部の悪事と本人の公式大会でネットに上がってる写真付きのツイートをしただけで一瞬でこれだけの情報が掘り出されました。

レンはいろんなところで恨まれたり、憎まれたり、馬鹿にされているのだと伺えます。

上記事実はチームに入れる際にはわからない情報です。

この過去の悪事を並べたところで今回のレンさんの行動を振り返って見ましょう。

 

Twitter上での敵を私VICTORとする事で、レン自身が炎上の対象から逸れる。(レンが今回の一連を通した動きとして。)

・私の粛清行為を邪魔する事により、粛清対象のめーや/AiS(@meiya_key)他に「チームが割れてるのはVICTOR側だから」←謎理論wとかを含めていわれのない誹謗中傷を受けるツイートを繰り返した。

・私VICTORへの煽り。馬鹿にしたツイート

・チーム公式アナウンスのような行為をする事により、今回の騒動、災いの根幹のくせして、フォロワーを倍に盛ることに成功した。(チームの代表みたいに意見出してフォロワー増やすのはゲスい。なんどもいうけどこいつ入って2日でチーム解散に追い込む事件起こした張本人だからね?)

・(上記項目と重複する)最もらしいことを言って、一部ちくわ(CCS)界隈の人間から聖人扱いされる。

 大きく分けると、上記の4つになります。分かりやすくスクショ貼っていきますね。

f:id:victorgame:20161228002059p:plain

これがまず、妨害の部分。

f:id:victorgame:20161228002157p:plain

これが私に対する煽りの部分(しかも私に直接目に入らない所で)

f:id:victorgame:20161228003055p:plain

これがめーやに利用された証拠の部分です。

f:id:victorgame:20161228003512p:plain

これがレンが私を敵とし、炎上の対象をすり替わらせ、かつ自分の評価をあげて、フォロワー数を増やす起因となったものです。うーん、解せぬ。

 

レンはこんな感じで私を敵に回していました。私が頭にくるのも理解できますよね?

ですが

ブログ公開後......。

ブログ公開後....。

なんかレン君から、スカイプに来てました。

f:id:victorgame:20161228004347p:plain

ん?

僕自身ちょっと目を疑いました。そうですレン君から謝罪の意向を音声で伝える趣旨の連絡がスカイプで来ていたのです。

結果から申し上げると、私とレンは通話をし、レンが言うには

ツイッターのアカウントは、もう過去の過ちがシャドウバース界隈のツイッター上でバレてしまったので消す必要がなくなった」←ドクズだと思いましたwww

ということがまずあって、ここから謝罪やツイ消しもする気がないと言う話だったのですが、30分間真面目に説教をしていたらレンは考えを改めて、結果

f:id:victorgame:20161228004952p:plain

レンが馬鹿なのか言葉足らずで私としては不満が残りますが、「謝罪をもらえた」

そして、私の粛清の足を引っ張ったリプライ含めツイート全てをレンに削除させる。

事に成功いたしました。

これにより、めーや(@meiya_key)他、あのブログを書かれた事により必死に私を貶めようとした人間が私を中傷できる要因もなくなり、少し心が晴れました。

 

シャドウバースはチートができないけれど、多分これまで悪事を重ねて来たレン=恋々の素性は変わらないと思うのです。ですから、彼と関わる時は一度俯瞰して、気をつけて考えて見てください。それが被害を被った私の口から言える事です。

ではまた。まだ話のタネはいくつもあるので !(今回の騒動で絡んで来たCCS,AiS側の人間の話など、新しくできた話がいくつもあります!!乞うご期待!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:また4枚目の「人権」というのはカードゲームを現在遊んでいない方からすると馴染みの薄い言葉だと思いますが、「人として当然の権利がある」という基本的人権という意味から飛躍して、遊戯王を始めとしたカードゲームプレイヤーは「人として扱われているかどうか・他人に相手にされるか」を指しています。